タント 値引き 相場

新型タントを3回分の車検(法定費用)付きで購入する話

 

こんにちは、
安くお得に車の買い替えする方法を研究している 

 

サイトの管理人です。

 

いきなりですが、タントを安くお得に購入するための話をします。

 

タントの新車、中古車を問わず
3回分の車検相当費用約30万円の金額を下げて
購入する話です。

 

5分ほどの時間を投資してこのレポートを
真剣に読んでみてください。

 

今お時間がないようでしたらブックマークにいれて
後で読み返してください。

 

なにも知らないでタントの新車もしくは中古車を
購入するときよりも、数万〜数十万円多くのお金が
あなたの預金口座に残っていることを
お約束します。

 

なぜそうなるかという一般人が誤解している
理由をひとつひとつ説明していきます。

 

クルマの事をまったく知らない女の子や70歳を過ぎて
免許証の返納を考えているようなどんな方でも、
ネットにつながりさえすれば数分で出来る方法です。

 

車屋さんの利益を数万〜数十万円多く支払ってもいい方は
何も準備しないでいいと思います。

 

・・・

 

車業界の3つの誤解

 

1.新車を買うときは定価があるのでどこで買っても同じ値段
2.下取りに出した時の買取金額はどこも同じ
3.愛相のよい担当者に任せておけば安心

 

車業界であれば常識なことが、私たち一般人には分りません
でも、実際の所はオプションのサービスや値引き交渉などは
頑張っただけ結果は出ます。

 

 

一つめの誤解
「新車を買うときは定価があるのでどこで買っても同じ」

 

 

メーカーが販売している車は、一般ユーザの手に届くまでに
販売店であるディーラーから購入する必要があります。

 

当然ながら新車を購入する場合、欲しい車種を売っている
ディーラーで購入するといった流れになります。

 

たとえば、フィットを購入したいのであれば、ディーラーのホンダで購入します。
ホンダフィット→ホンダカーズ店

 

ですが、ホンダフィットの新車を販売している窓口は実はたくさんあります。
ホンダフィット→ホンダカーズ○○店
         ホンダカーズ××店
         ホンダカーズ▲▲店

 

一見同じホンダのディーラーで、同じホンダ車を販売してますが
全く違う別会社ということがほとんどです。

 

わりやすいのがホンダカーズ○○店の代表者(社長)をネットでしらべると
それぞれ違う人が経営しています。

 

 

同じエリア(同市、同町や店舗同士が近いなど)内に同じ経営者が
支店展開している場合もとうぜんながらあります。

 

なぜこの別会社ということを説明したかというと、
会社それぞれがライバルということを知ってほしいからです。

 

たとえば
ホンダカーズ○○店 VS ホンダカーズ××店

 

 

ではなぜ、ライバル社ということを知っておくとよいかというと、
ここで会社間の競争があるからです。

 

同じ新車フィットを購入する場合、一般の人はどこで購入しても同じと
思われがちですが、この会社同士の競争をうまく利用すれば
値引き額やオプション品などのサービスを
最大限引き出すことが出来ます。

 

自動車メーカーは販売部門を各販売店に任せて、
ホンダカーズ、トヨペット、ブルーステージなどの統一感を出し、
同じ車を買うのであればどこで買っても金額は変わらないというイメージを
一般人に植え付けているのです。

 

中古車の場合はもっと会社が多いですので、
会社間の競争を利用しやすいです。

 

そのライバル同士の競争をコントロールしやすい進め方が
各店舗に周り、それぞれ同じ条件で見積もりを取っていくやり方です。

 

 

ですが、1店舗ずつ回ってスタッフに見積もりを作成してもらい
もらった見積書を管理して比べる。

 

一度訪問すると営業の連絡が大変・・・などなど
時間と労力と精神力がけっこう必要になります。

 

そこで使えるのが
インターネットと使って、新車見積もりを複数社から
まとめて取得する方法です。

 

ほとんど毎月の利用者数が70,000人を超えているサービスで、
新車見積もりを自宅に居ながら取得できる便利なサービスです。
↓↓
新車の無料見積オートックワンの説明サイト

 

このサイトをうまく利用することで作業を効率化して
計画的に進められます。

 

 

 

二つめの誤解
「下取りに出した時の買取金額はどこも同じ」

 

車を買い替える時や不要になった時、下取りや買取として車屋さんに
愛車を販売する金額

 

ここも、相場という言葉でうまく隠されて、実際に売買されている価格より低く
買付けされるケースがあります。

 

無知な一般人だと足元を見られて、いいカモにされています。

 

「具体的に説明すると、あなたの愛車は○年式で走行距離が○○Kmなので、
だいたい相場は20万円です。」

 

ちなみにここのサイトで下取り相場が確認できます。
>>トヨタが提供する下取り参考価格情報

 

そこの相場から「事故歴や修復歴があるか」、「ワンオーナーかどうか」、「メンテナンスをちゃんとしているか」
などのいろいろな項目で相場の20万円からマイナスされていきます。

 

ですが、そういった流れで進むうちに本当の事が見えにくくなります。

 

そもそも、下取り相場とは何の相場でしょうか。

 

下取り相場とは、新車の価格を最大として乗りはじめからの年月を起点として、
1年乗ったら20%下げる、2年乗ったら30%下げる、3年乗ったら…。

 

たとえば
新車価格100万円のフィットを新車で買って2年乗ったあと下取りに出す場合
100万円×減額30%=70万円  下取り価格相場70万円

 

新車価格100万円のフィットを新車で買って10年乗ったあと下取りに出す場合
100万円×減額90%=10万円  下取り価格相場10万円

 

といったように
メーカーや車種、グレードごとに減額%を各社が車種ごとに設定しているので
下取り価格の基本相場が基準になります。

 

ここでも、一般人にはわかりにくい車屋さんの儲けポイントがあります。

 

それは、減額%の基準は各社違うということです。

 

簡単に言うと
同じフィットを下取りに出すとしても、買い取る会社によって
買取額が違うのです。

 

たとえば
2008年式Gグレード、走行6万キロの車を5社に査定をお願いしたら
A社 468,000円
B社 682,000円
C社 520,000円
D社 580,000円
E社 572,000円

 

というように、各社違います。
A社とB社では214,000円も違います。

 

何も知らずにA社に行って車を売れば468,000円ですが、
ちゃんと査定価格を比較すれば682,000円で購入してくれる会社もあります。

 

この差はどうしてつくのか・・・
それは、専門性や買取強化車種、
人気エリアなどが買取店ごとに違うからです。

 

たとえばフィットを査定してもらうとして、
軽自動車の販売を強化している車屋さんで査定してもらう場合と、
ホンダ車専門店に査定してもらう場合

 

フィットを買取たいと強く考える会社は後者ですよね。

 

また、全国展開しているような大手の車屋さんであれば
フィットのようなコンパクトカーをたくさん欲しいと考えていますし、

 

買い取った車を違う車屋さんに販売する
車のオークション会場を運営している会社であれば
人気のある車種であれば積極的に買取したいと考えます。

 

 

話が難しくなってきたので簡単に言うと
フィットを売るのであれば、フィットを欲しがっている会社に
持っていくと高く買い取ってくれるということです。

 

ここでも有効に利用できるのが
インターネットを使って10社などの複数社へ
一度に査定依頼するサービスです。

 

私が車検前に買い替えるか検討しているとき利用して
入力が簡単で分りやすかったサイトです

 

>>車くらべる.com一括査定公式サイト
>>かんたん車査定ガイド公式サイト
>>ズバット車買取比較.com公式サイト

 

ですが、こういった査定比較サイトも一つ問題があります。

 

それは、買取額を提示くてくれる車屋さんが
査定サイトごとに違うということです。

 

ですので、3つのサイトに査定依頼をかけることによって
より多くの買取業者から査定金額が出てきます。

 

 

 

三つめの誤解
「愛相のよい担当者に任せておけば安心」
についてです。

 

よくある話ですが、なぜそこの店で車を購入したのかと理由を尋ねると
スタッフの相性が良かったという回答が多いものです。

 

ここで見落とされやすいポイントは、「慣れていない買い物」です。

 

どういうことか説明すると
車を購入するということ自体、ほとんどの方は何度も経験しているわけではなく
一度購入すると、3年〜10年ぐらいの間隔が開きます。

 

数年おきに新型車やモデルチェンジなど変化の速い車製品ですから
1年以上間隔が開くと雰囲気ががらりと変わっています。

 

要するに、車を買おうと考えるときは誰でも
慣れないことへの不安や恐怖を少なからず感じています。

 

そんな心境の中、対応してくれたスタッフさんが感じよくて親切だったら
すべて任せてよいかもと思ってしまうかもしれません。

 

店舗の位置や値引き額、サービス力など
購入理由の決め手は色々あると思いますが

 

多くの方がお店で購入した理由はスタッフの対応と答える
理由の一つにこのような心理が働いていると考えられます。

 

 

ではなぜ、そのように親切なスタッフにすべてをお願することが
危険なのかといいますと

 

親切なスタッフのほとんどが優秀なセールススタッフということです。

 

たとえば、
60万円で売れる車を、点検整備などの色々な理由をつけて
20万円で下取りするということができます。

 

不安な心境のお客を親切丁寧なスタッフが対応すると
そこには信頼関係が生まれます。

 

信頼関係のある人(スタッフ)にいわれることは警戒心なく受け入れられる
これは心理学的にも証明されています。

 

当然、すべての車屋さんはボランティアでやっていないので
利益を多く出せる方法を常に考えています。

 

こういったことを冷静に考えていくと
車屋さんのスタッフの言うことが本当かどうかは
自分自身で裏を取っておく必要があります。

 

 

冒頭に「3回分の車検(法定費用)付きで購入する話」と
題した理由は、一部の方はそれぐらいの余分なお金を車屋さんに払っているので
ちゃんと準備して預金口座に残しておきましょうという話です。

 

このような3つの大きな誤解をしっかり理解して、約3回分の車検費用を
守って下さい。

 

 

ポイントは
新車見積もりは複数社から取る
下取り査定も複数社から取る
スタッフの言うことの裏を取る

 

【買取査定】やってしまいがちな失敗談

車購入の予備知識

車購入月特別企画

車の品定をするケース、それに向けての仕込む作業というのが必須になってきます。

 

査定に際しては、まず、必要な種類を揃えなければなりません。

 

まずは車検証が不可欠で、これは国が決めた保安基準をクリアしている証しになるものです。

 

第2に自賠責保険証が必需品です。

 

これは 自動車に乗る時、誰もが入会しなければならないものです。

 

こうした記録は、鑑定では絶対的に必要なもので、紛失している時は陸運支局などで記録の再発行をしてもらわなくてはなりません。

 

見積に向けての準備手続きとしては、愛車の市価を知ることも大切です。

 

譲ることを行なう場合に損をしないようにするには、愛車の相場の見識は必須で、これにより、査定、販売が成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

相場を検討する場合は、インターネットの無料査定サービスを使用すると良く、簡単に調べることができます。

 

入力した案内を根源に、査定の査定結果が直ぐにわかるようになっています。

 

査定前の下準備には、乗用車をキレイにしておくことも大切です。

 

外見、内装共に、しっかり清掃しておくことで、評価の時の印象を大きく上がることができます。

 

 

そういったことから車購入月特別企画ということになります。

2015.12.26更新

トップページ

 

車購入の予備知識

車購入だから得がお得!

車の吟味額というのは、自動車買とり業者によって、大きい違いがあるものです。

 

その裏づけは、車買取りマーケットと通常的な車の市販市場の構造にずれがあるからです。

 

非常に、大手と中小の買上げる専門店では鑑定額の算計規準が開きます。

 

代表的に、中古車の買いこみ額というのは、中古車市場の大功などの成果を著しく受けてしまい、タイムや陽気にも影響されます。

 

他に、つい最近ではチェーン店展開している買取専門店も一杯になり、そうした場合、チェーン店全体で、手薄車種を持続するために、高額見積額で買い受けるケースがあります。

 

そして、中古車が一番売れる繁盛期にあわせて仕入れを強化することもよくあります。

 

キャンペーンを散開している購買店などでは、積算額に多額な差が生じやすくなります。

 

こうした自動車買取る市場の環境が繁雑に絡み合い、考査額に差が出てしまうのです。

 

現在ポピュラリティーの一括見積りサイトなども影響しています。

 

ネットで一括査定サイトを活用すると、リアルタイムに仕入れたい自動車店は高い査定見積もりを出してくることでしょう。

 

他の査定サービスよりも、比較的に見積額が高い値段になるバイアスにあるので、それが車買い取りマーケットの査定額に差を出す1つの要因になっています。

 

 

そういったことから車購入だから得がお得!ということになります。

2015.12.20更新

トップページ